すぐTL取得制限に引っかかるから
Twitter API 1.1はクソ

Twitterでログイン

すぐタイムラインが読めなくなる
――そう、API 1.1ならね

どういうわけか

Twitter API 1.1ではTLの取得回数制限が15分に15回までと定められています。デスクトップアプリケーションの場合はインターネットに常時接続していることが前提のため、一般的なTwitterクライアントではTwitterへの接続を維持するUser Streaming APIを使用しており、このTL取得回数制限に引っかかることは通常ありません。しかし、モバイル用のアプリケーションの場合、User Streaming APIを用いて常にTwitterとの接続状態を維持していることは、回線的にもバッテリー消費量的にも困難です。そのため、多くのTwitterクライアントではTL取得毎にAPIを利用しており、このTL取得制限に引っかかり、TLの読み込みができなくなることが多々あります。つまり、すぐTL取得制限に引っかかるからTwitter API 1.1はクソ。

わかりやすく言うと

1ボタンで「すぐTL取得制限に引っかかるからTwitter API 1.1はクソ」とツイートするためのWebサービスです。Twitterクライアントを使っていて、TL取得制限に引っかかった時に押しましょう。

  • ワンボタンで「すぐに(ry」とツイート
  • 前回のツイートからの経過時間、通算ツイート回数付き
  • 今までの軌跡も残ります [サンプル]

ちなみに

公式アプリは回数制限に引っかからないので、規制中は公式アプリ使おう

続々と寄せられる各界の反応